Posts

Showing posts from August, 2011

LIFE in Blooms @草月

Image
シンガポール草月45周年記念パーティに出席してきました。

実はNadia、高校時代に古流を学び、師範免許ももっているのよ~。(意外?w)
昔から、実家の玄関や床の間にお花を生けることが、ちょっとした趣味になっていました。

ハサミも花器も実家において来たから、シンガポールでは疎遠になっていましたが、先日お招き頂いたパーティでは、久しぶりに日本の伝統文化に触れ、心地よい時間を過ごしました。

私が学んだ古流は、形を学び、形にそって生けるスタイルで、江戸時代の人々に愛された「粋」を大切にシンプルな潔さを旨としていました。

草月流は、またそれとは異なり、感情を植物に託し、まるで絵画を描くように心のままに生ける、斬新で創造性に満ちたスタイルなのですね。

それぞれの魅力があり、とても興味深いです。

パーティでは、日本からいらした先生がデモンストレーションしてくださったのですが、パフォーマンスの斬新さに目からうろこでした!

木を横にしたり、長い葉を折って動きを出したり、茎を“脚”に見立てて高さのある作品に仕上げたり。植物が持っているチャームポイントを瞬時に見つけて、その花や草が一番美しく見えるように生けてらっしゃいました。


たくさんの作品を見せて頂きましたが、特に、この舞台全体の空間を使って大胆に生けたこの作品からは、植物の力強い生命力が伝わってきて、とても素敵だと思いました。

会場からは、大きな拍手が沸き、主賓の大統領夫人もVIP席から笑顔で楽しんでらっしゃいました。



先生によると、お花は全て即興で生けてらっしゃるとのこと。

発想が生まれる瞬間が、アーティストにとって一番幸せを感じる瞬間であり、その瞬間を一人ではなく、会場のお客さんと一緒に楽みたい。その為に、リハーサルはしないと、おっしゃっていました。

その空間と空気を感じ取りながら、心のままに舞台に花を咲かせ、作品を作っていく。その様子が、即興でダンスを踊るときの感じと似ているなと感じました。

美しいものに触れると、心が潤いますね。

日本には、私たちが誇るべき伝統文化・伝統芸能が沢山あります。今回、こんなに素敵な機会を下さった、草月のキム先生に感謝!

今後また機会があれば、積極的にそれに触れ、日本人として、美しく誇り高い、豊かな感性を育みたいです。

LIFE in Blooms ..

断食月 - RAMADAN

Image
日曜の朝、目が覚めたら、モスリムの友人からメールが。。



「今夜7時に断食後の食事(Iftar:イフタール)を皆でやるので、6時50分にアラブストリートに来て!」


・・とのこと。

彼らは、8月1日から約4週間、ラマダンという断食月に入ります。(イスラム暦の9月)。夜明けから日没までSaum:サウムと言う断食を行い、一切の飲食を絶ちます。

断食と言っても、ずっと食事を取らないわけではなく、友人の話によると、朝5時に起床し、お祈りを捧げてから、日の出前にしっかり朝食を取って一日の断食にそなえるそうです。

そして、日没を迎えると、毎日決まった時間に(例えば7時11分・・・とかピッタリ決まっていて、毎日新聞などで日没時間をチェックしているようでした)、時間になると、モスクからのアザーンや、モスクが近くにない場合は、家族が携帯などで連絡をし、皆で一斉に食事を取ります。


ラマダンは、断食で苦しみを味わうことが目的なのではなく、食べ物に対する感謝の気持ちや、日常生活へのありがたさを忘れないようにするための、宗教的な試練として行われているものなのだそう。友人によると、4~5歳の子供の頃から、まずは半日のプチ断食を始め、12~13歳ごろから大人と同じ本格的な断食を行うようになるそうです。


4週間の苦行を乗り越えると、お楽しみの「ハリラヤ(Hari Raya)」が待っています。断食月が終了し、皆でそれをお祝いするのです。ハリラヤの宴会にはいつも招待してもらって、ご馳走を頂いてばかりのNadiaでありますが、断食も禁欲もお祈りもしていないのに、お祭りだけ参加させてもらって申し訳ないと、実は感じておりました。。


よし!それならば、今日は仕事が休みなので、日没まで私も断食しようじゃないかっっ!!!


と、決断!!!


せっかく、イフタールにお誘い頂いたことだし、一日くらいは頑張れるでしょ~。

お腹がグルグル言っているのを聞きながら、洗濯物をたたんで、お部屋の掃除をして、家事をいろいろやって・・・、それでもまだ午後4時って言う・・。

なんて一日が長いんだ!!!


お腹がへりすぎて若干諦めそうになりましたが、、、うう



気分転換にネイルサロンへ行き、爪を綺麗にしてもらって時間を過ごしました。

(って!修業になっていないか?) 笑


午後6時50分。

アラブストリートに着くと、Breaking-FAST(…

韓国行きの夢!

Image
は、叶いませんでしたが (;_;うるるる
しかし、とっても楽しい週末でしたっ!★

今年はSingapore Street Festivalが10周年なので、Asia Global Bellydance Competition は素敵なシアターで開催されました。

テンション上がる!! 




Nadiaはシンガポール大会で3位に入賞。

そのまま、シンガポール代表でアジア大会に参加させてもらいました。今年は8カ国から約27名のダンサーが参加。(インド、ベトナム、日本、モンゴル、マレーシア、韓国、台湾、シンガポール)



インドからの参加者によるボリウッド・フュージョンが素敵だった!


日本からの参加者による、和フュージョンもあったよ~。
って私ですが!

えへ

衣装はNadiaオリジナルのデザインだよ。



今年はDarrenがシンガポール大会ソロ部門のチャンピオン。グループ部門ではLe Jewelの超息の合ったダンスが優勝しました。皆すごく素敵でした。




大きなトロフィー、羨ましいな。

Nadiaは、今年はメダル1個でしたが、また機会がれば挑戦するよ~。